増加するベビーシッター利用数

ベビーシッターを利用する理由は保護者が仕事の間、育児をお願いしたいといったものから子供にピアノや英語を教えて欲しいといったものまで利用する方によって様々です。



ベビーシッターといえば長期的に依頼をするイメージがありますが、保護者が風邪をひいたので治るまで育児をお願いしたり、買い物をする時間だけお願いするなど一定期間の利用や不定期での利用も可能です。ベビーシッター会社によるサービスの多様化や共働き世帯が増えたことからその利用者数は増加傾向にあり、保育園に入りたいけど入れないといった待機児童問題も利用者数増加に繋がっています。


では、実際にベビーシッターを依頼する場合どのようなことに注意するべきなのでしょうか。


利用料金や予約方法など基本的な事柄を始め、どのような年齢、資格を持ったシッターさんに依頼するかについても考えなくてはなりません。



幼稚園や小学生の子を預ける場合、資格を持っているシッターさんであれば家事、育児以外にも勉強やピアノを教えてもらうなど習い事も兼ねた利用ができます。



また、利用最低時間や緊急で利用したい場合にも対応してもらえるかなど自分の利用スタイルにあった会社に依頼することも大切です。

ベビーシッターは料金的に高いと感じる方がいるかもしれません。
しかし保育園や幼稚園に比べて子供に1対1で対応してもらえるという大きなメリットもあり、1対1であることから家庭の希望にも可能な限り対応してもらうことができます。